まりひめいちご

いきなりですが、果物が大好きです。
和歌山に引っ越してきて果物の豊富さと地元の市場で買う鮮度のいい果物に
ただ、ただ、感激してました。

冬から今時期は真っ赤でかわいい苺たくさん。
種類もたくさんで初めて聞く名前だったりすると、ついつい買って食べてしまう。
私が子供のころは「とよのか」「女峰」が主流だったような。

お菓子やジャムにもよく使う、いちご。
よく買うのは「さちのか」「あまおう」
そして、和歌山が生んだ品種「まりひめ」
章姫×さちのかだそう。
真っ赤で柔らかくジューシー、何より香りが本当に良く
贅沢にジャムにしたときのこと、ふたを開けた時に部屋中に苺の香りが広がりました。

大阪に等には宝石のように大事にされて、お値段も驚くほどお高く・・・まさに食べる宝石?
それに比べると、和歌山県内a0250934_17494237.jpgでは多少はお買い求めやすいかもしれません。
[PR]
# by patisseretakaki | 2012-03-04 17:51 | おいしい。かわいい。

ムーミン

今日はある方々にお礼がしたくって、昨夜から明け方にかけて、えっちらほっちらとケーキを焼いておりました。

メニューは「はちみつバターのケーキ」とあまおう苺のジャム。
「はちみつバターのケーキ」はシンプルなバターケーキですが、イベントなどでは人気のケーキです。
和歌山産のみかんのはちみつをたっぷり、きめ細やかに仕上げました。
大好きなムーミンの焼き型で、ラッピングもムーミン。
そして、あまおう苺のジャムも。こちらも、シンプルに。
a0250934_2042544.jpg
a0250934_2042419.jpg

買えば、見た目も体裁も良いかもしれません。
でも、どうしてもお作りして渡したかったのです。

喜んで頂けたら本当に嬉しいな。
[PR]
# by patisseretakaki | 2012-02-15 20:43 | お菓子

バレンなタイン。

a0250934_13122197.jpg
相変わらず寒い日が続きます・・・

バレンタインも終わり、慌ただしかった仕事もひと段落。・・・次はホワイトなデーですね(笑)
今年は逆チョコなんて言葉、全然聞かなかったですね~

   (浸透しなかったのでしょうか・・・笑)

私は、バタバタしつつもちゃっかり購入。
自分用に。
自分も食べれるであろうともくろみ分。
頂き物(ありがとう・・・♪)

ちょっと最近、ゆっくりコーヒーを淹れて飲む時間がなかった私。
今から、美味しいチョコレートと美味しいコーヒーでお茶じかんしよう。

こんな時だけは「寒いのもいいかも・・」と思うのです。(自分勝手)
[PR]
# by patisseretakaki | 2012-02-15 13:12 | おいしい。かわいい。

御池煎餅

京都にある和菓子屋さん「亀屋良永」さん。こちらの「御池煎餅」が好きで好きでたまりません。
亀屋良永さん、すべてがシンプル。だけど、確実に計算されてる感があり「足らない」もなければ「やりすぎ」もない。これぞ、パーフェクト。ほかのお菓子たちも、店内のつくりひとつひとつもそう。
私が言うのはおこがましい話ですが、いつもいつも同じように感じ、同じように感激するのです。
a0250934_21492058.jpg

それを実感できるのが「御池煎餅」
丸い缶入りと四角い缶とあり、我が家は母も大好きなので大きな四角い缶でいつも購入。
ちなみに丸い缶のロゴは棟方志功氏によるもの。これも、シンプルながら素敵。

京都へ行かれたら是非。

ついつい、食べ過ぎてしまうのが・・・・
御池煎餅の大きなサイズもあるのです。いつかは食べたいと行く度に熱い視線を送る私です(笑)
[PR]
# by patisseretakaki | 2012-02-09 16:31 | おいしい。かわいい。

お菓子教室

2月5日の寒空の日、おうちぱんさんのアトリエにてお菓子教室をさせて頂きました。

朝、アトリエに入ってあまりの寒さに「バター・・しまるな・・」と。
(しまる。・・・とは、バターがかたくなると言うこと。)
速攻、部屋を暖めてもらうものの、しんから冷え込んだ部屋が暖まるのには時間がかかるわけで・・・
案の定、ベストに柔らかくしてきたバターちゃんは、緊張してる私以上にかたくなってしまったのでした・・・涙。

そんな中、ご予約いただいた生徒さんが・・(寒い中、自転車で来られたご近所さんも!)
聞けば、皆様がお菓子を作るの初めてという話。

自己紹介の後「頑張りましょう!!」と声出し。
(体育会系か?・・いえ、自分への気合いも含めの声出し)

やはり、最初のバターと砂糖のすり混ぜ作業・・・手間取る(私、焦る)
でも、初めての皆様・・すごく頑張る方たち。黙々とすり混ぜる音が(涙)
無事生地を型に入れ、オーブンへ。
焼きあがるまでの25分。お茶をいただきながら、作業のフィードバックと疑問点、アレンジなどを話していると
チョコレートの甘い香りとともにマフィン達が焼き上がりました。

オーブンから出した瞬間の皆様の「わぁ~」  
語尾には間違いなく、ハートが付いていたと確信します(笑)
そして、初めてと思えないくらいの素晴らしい出来栄えで本当に美味しそう!
焼きたてをひとつ、温かいお茶とともにご試食。
皆様、いかがでしたか?

残りは、粗熱を取ってから思い思いにラッピング。
こちらはナイスセンスの持ち主、chambreさんが素敵なラッピングテクを見せてくださり、
皆様、かわいくラッピングしたマフィンたちを持って帰って行かれました。
(自転車の方は再び、寒空の中を・・・)

アンケートに書いてくださった事柄をひとつひとつ今、読み返しております。
次回へのリクエストも具体的に書いていただいた方もあったり・・・
今回もそうですが、出来るだけご家庭にあるもので(あるいは手軽に買えるもので)作れるようにと考えております。ご家庭でも気軽に作っていただけるようにとの思いから。
リクエストの中から、それらを踏まえてアレンジしていき、
準備ができましたら、また皆様とご一緒できればと思います。

長くなりましたが、午後の部も長くなりそうなので(いろんな意味で)また後日。
午前の部の皆様、本当にありがとうございました。a0250934_12524697.jpg
[PR]
# by patisseretakaki | 2012-02-09 16:06